備蓄水


災害に対する意識が高まる昨今、家族の集合場所を決めた、非常持出し袋を用意した、など万が一の備えをしている方が増えています。防災グッズや食料の確保はもちろんのこと、飲料水について考えられた方も多いのではないでしょうか。

地震や災害直後は、電気・ガス・水道など様々なライフラインに影響が出ることが想定されますが、中でも最も人間の生命に関わってくるのが水の供給です。災害直後は、交通手段の途絶や交通渋滞により応急給水活動にも時間がかかると予想されます。

万が一の時、毎日必要な水が手に入らないという状況は、十分起こり得る可能性があるのです。

そんな時、災害時に十分な備蓄水が確保できていれば、安定した暮らしができるとともに、心に大きな安心とゆとりをもつことができるのです。

Clecla22.jpg


災害のような万が一の時でもクリクラがあれば安心です。

備蓄水の量は1日1人約3リットル、4人家族×3日分なら約36リットルです。クリクラボトルならちょうど3本置いておくだけで、備蓄水の代わりになります。

またクリクラなら常に定期的に配送されている新鮮な水ですから、非常時に「賞味期限切れだった」などという心配はありません。またクリクラサーバーを使えば、電気さえ復旧すれば、冷たいお水や熱いお湯がすぐに使えます。また、停電状態でも給水だけであれば可能です。

クリクラなら日頃おいしいお水を飲んでいるだけで、自然と非常時の備蓄水にもなっているのです。暮らしを便利に、楽しくするのはもちろんのこと、非常時の備えとして、クリクラはあなたの暮らしに安心もお届けします。